憧れ

住宅にはどのような住宅があるのか

新築住宅といっても建築会社と契約を交わし設計から自分たちで考えて住宅を購入する方法と分譲住宅のようにすでに完成していてまだだれも住んだことのない住宅を購入する方法があります。 すでに住宅が完成している物件の場合完成してから1年を経過しておらず一度も所有権が移転していない状態の物件のことを指します。1年を経過すると新築物件ではなく中古物件という扱いになってしまうのです。もちろん売主にとっては計画段階で売れることが理想です。というのも住宅が完成してしまうと固定資産税を支払わなければならないからです。この対策として先ほどの定義で完成してからという定義がありましたが完成というのは役所の完了検査を受けたらとなります。もちろん工事期間にも限界がありますが売れる気配がない場合には完了検査を工事期間ぎりぎりまで受けずに工事中としているケースもあるのです。

新築なのに中古物件として扱われる物件について

住宅を購入する際に新築と中古では明らかに価値が変わります。新築で一度も誰も入居していなくても完成から一年が経過すれば中古物件となってしまいます。一般的に中古物件となると新築物件の2割程度価値が減少してしまいます。それだけ新築という言葉がつくかつかないかで建物の価値が大きく異なるのです。 建築会社など分譲住宅を建築した会社からすると新築物件として売れないというのは屈辱でもあります。これだけ長い間売れないというのは間取りや設備などに問題がある場合、周辺の住宅とランクが異なっている、周辺の環境のリサーチ不足など何かしら問題があるケースが多いのです。もちろん価格設定の問題もありますが、中古物件となってしまった住宅を購入する際には住宅に関する知識を持って注意深く観察して購入する必要があるのです。