自然の素材だから

自然素材住宅の特徴を知ろう

昔は自然素材の住宅で家を建てるのが当たり前でしたが、最近は人口素材の住宅が増えてきています。それぞれメリットとデメリットがありますので、自然素材の住宅に住みたいという場合、そのメリットとデメリットを知っておきましょう。 自然素材の住宅のメリットは天然の木材を使っているため、まるで住宅が呼吸しているように感じ、室内の空気も新鮮に感じるはずです。床が自然素材の気が使われている場合は、寒色が柔らかくて素足で歩いていてもある着心地がいいなどの肌触りの問題があります。 また、アレルギーの子供や大人が増えているこの時代に自然素材を使うことによってシックアレルギーを防ぐという効果があります。自然素材は健康にいいのです。

デメリットも知っておこう

自然素材の住宅はメリットだけではありません。当然デメリットもあります。メリットだけを知って住宅を購入したとしても実際に住んでみると意外に問題点が多くて後悔することもあるからです。できるだけ事前にデメリットについても知っておきましょう。 まず、お金がかかるという点です。逆に言えば人工素材が流行った理由が、大量生産できるためその価格が安かったからです。また、メンテナンスにお金がかかることも知っておきましょう。 素材そのままを使っているため、傷がつきやすいことや色が変色しやすいという問題点もあります。 これらのデメリットだけでなくメリットも知った上で自然素材の住宅を建てるべきかどうかを慎重に判断してみましょう。